トップページ

業務案内

報酬について

お知らせ

事務所案内

お問い合わせ

季節のたより・・・葉月・令和3年8月



緊急事態宣言とオリンピック、ワクチンは欠乏⁉



ホームページをお訪ねいただき、誠にありがとうございます


〇6月半ばになって漸く梅雨入りした関東はほぼ1か月で梅雨明けし、本格的な夏がやって来ました。そうは言いながらも、7月初めには東海・関東に前線が停滞、かなりの量の雨を降らせ、熱海市で大規模の土石流が発生して多くの住宅を押し流し、多くの死者・行方不明者を出しました。違法な“盛り土”が原因のようですが、“違法な盛り土”が長く放置されて、その下方に住宅が建てられて行く、このような構図は許しがたいことです。憤りを感ずるとともに、被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

〇6月20日に沖縄を除く都道府県の緊急事態宣言が解除されたのにもかかわらず、東京の新規感染者数は減少に至らず、早くも7月上旬から4度目の緊急事態宣言の発出が要請され、併せてオリンピックの観客についてもその規模、あるいは無観客について議論されながら、7月12日から8月22日まで東京都の緊急事態宣言が発出され、都、北海道およびいくつかのオリンピック開催県で「無観客」とすることが決まりました。
〇これを書いている現在、オリンピックが開催されており、日本は金メダルをはじめとしてその獲得数はかつてないほど多く、テレビ観戦している私たちに感動を与えてくれていますが、コロナ新規感染者数は東京をはじめいくつかの府県でこれまでの最大の数字を記録しています。日本全体では1万人を超え、療養ベッド数が不足してくる見込みとなり、この増床のために一般の病床や治療にも影響が出てくることが懸念されています。
 7月30日には、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府に緊急事態宣言の発出が、北海道、石川県、京都府、兵庫県、福岡県にまん延防止等重点措置が8月2日から31日まで発出され、現在緊急事態宣言が出ている東京都と沖縄県の宣言が同じ8月31日まで延長されることが決定されました。オリンピックの継続に懸念が出ていますが、政府は人流増大につながらない行動と各家庭でのオリンピック観戦を呼びかけています。ワクチンの確保遅れ、大々的接種を呼びかけながらのワクチン不足等で、接種を希望しても待たされて感染と重症化の危険の中にさらされている多くの国民に一日も早くワクチンが接種されることを願うばかりです。

〇このようなコロナ禍で、一服の清涼剤だったのは、大リーグで活躍する“大谷翔平選手”でした。今年、本格的に“二刀流”で活躍している彼のプレーぶりとあちこちに垣間見える取り組み姿勢や人間性は、アメリカの人々だけでなく、彼を送り出したわが国の野球ファンのみでなく多くの国民に夢と明るい気持ちをプレゼントしてくれています。オールスターゲーム、ホームランダービーというイベントだけでなく、ハードな移動の中で大リーガーに伍してホームランを打ち(今はトップですが)、走り、ピッチャーとしても活躍している。その爽やかな姿は、まさに“清涼剤”です。体に気を付けて頑張ってもらいたいと思います。

〇オリンピック、続いて行われるパラリンピックで全世界の選手たちがコロナに気をつけながら、力を出し切って活躍されることを願い、私たち一人ひとりも今まで以上に感染予防のための「三密対策」をして行動に気をつけ、全国民のワクチン接種が早期に実現するように願いながら応援していきたいと思います。



〇当事務所のお休みについて

当事務所は、8月に次のとおりお休みをいただきます。何卒よろしくお願い申し上げます。

8月 5日(木)
8月25日(水)


(以上 令和3年8月1日更新)




    

 

大田区と行政書士会大田支部「共催」の無料相談会実施のご案内



大田区と東京都行政書士会大田支部は毎月第4木曜日に区民を対象とした無料相談会を実施していますが、8月度は26日(木)午後1時から4時まで、大田区役所1階ロビーで開催します。

ぜひ多くの方にご相談にお出かけいただきたいと思います。少しでも皆様のお役に立てればと思って、行政書士会大田支部が大田区の後援を得て取り組んでいますので、どうぞご遠慮なく、必要でしたら関係書類をお持ちになってお出かけください。
 
       
日  時令和3年8月26日(木)午後1時〜午後4時
区民無料相談会テーマ:行政・法律など何でも
場  所大田区役所 1階ロビー ※東京都大田区蒲田5−13−14
※蒲田駅東口 徒歩1分



(以上 令和3年8月1日更新) 

大田区と行政書士会大田支部「共催」の無料相談会実施報告




大田区と東京都行政書士会大田支部は、毎月第4木曜日に区民を対象とした無料相談会を実施していますが、令和改元後第1回は、令和元年5月23日(木)に開催されました。今回は、当事務所代表・大森が、支部きっての若手・女性行政書士と二人で、相談員となって実施しました。
 開始の時間には、すでに相談者がお待ちで、その後も何人もの方が順番待ちをされるほど、多くの相談がありました。相談内容は、きわめて多彩で、国際都市・大田区らしく在留資格の変更を含む国際関係のご相談、相続に関するご相談、今の世相を反映するネットでの物品売買についてのトラブルなどのご相談がありました。
 相談所の開設時間は3時間ですが、目一杯相談時間に当てられ、記録を残す時間がはみ出してしまいました。区民・市民の皆さんに頼られる、大変有意義な相談会だと思いました。
相談員として、多方面のご相談内容に、的確に答えられる知識を身につけなければならないことを改めて感じました。

(令和2年8月1日更新)

* ページの上に戻る *

ASNOとびら主催「相続、遺言書、相続税・贈与税、社会保険、成年後見その他の無料相談会」実施報告






平成30年5月27日(日)地域密着で活動する行政書士有志の会・ASNOとびらと提携する税理士・社会保険労務士による「相続、遺言書、相続税・贈与税、社会保険、成年後見その他の無料相談会」を以下のとおり実施しました。たくさんのお申込みに加え、飛込みでのご相談があり、多くの方々が相続などによる資産の承継で悩み・問題をお持ちであることを知ることができました。少しでも私ども行政書士が少しでもお役に立てればと、思いました。

 

       
日  時平成30年5月27日(日)午前10時〜午後4時
無料相談会テーマ:相続、遺言書、相続税・贈与税、社会保険、成年後見その他
場  所大田区民プラザ ※東京都大田区下丸子3−1−3
※東急多摩川線「下丸子駅」下車 徒歩1分
相談会(無料)行政書士と税理士、社会保険労務士がご相談に対応しました。


(以上 平成30年6月1日更新) 

* ページの上に戻る *


「老後の準備は今のうちに」ミニセミナーの実施報告


〇無料セミナー「老後の準備は今のうちに―任意後見制度と遺言・相続について」を開催

この度、同じく行政書士をしている旧友と地域を超えて「老後の準備は今のうちに」というテーマのミニセミナーを吉祥寺駅近くの「武蔵野商工会館」で開催しました。三鷹・武蔵野を中心に活動されている中原先生にお声掛けいただき開催の運びとなったもので、第1部は、鎌倉を中心に活動されている蔵屋敷先生が「任意後見制度」を、第2部で私が「遺言・相続」についてお話ししました。
当日は、開始時刻ころはやや雨脚の強い天気だったにもかかわらず、多くの方に来ていただくことができ、熱心にお聴きいただきました。会場は、やや小さめの会議室で、ㇿの字形のテーブル配置で講師を三方から囲む形にしたのですが、これが講師と聴き手の一体感をもたらしてくれたようで、講話とそのあとの質疑を和気あいあいとした雰囲気ですることができました。





日  時平成29年8月16日(水)午後1時30分〜午後3時30分
無料セミナーテーマ:老後の準備は今のうちに
◯任意後見制度について 講師 鎌倉成年後見支援センター理事 
北鎌倉行政書士事務所 蔵屋敷勝先生
(概要)・渥美清の「終活」を参考例に老年期を自分らしく生きる
・医療の進歩等から病院で最期を迎えることが多くなった
・自分らしい生き方を全うするために任意後見の活用を!
◯遺言・相続について 講師 行政書士おおもりげんき法務事務所 大森 元紀
(概要)・遺言書はなぜ書くの?そんな人は遺言書が必要です
・遺言書作成で注意すべき点 特に遺留分について
・遺言書を書いてこれからの人生を楽しもう!
◯開催責任者 行政書士中原法務事務所 中原章雄先生


(平成29年8月31日更新)


* ページの上に戻る *