トップページ

業務案内

報酬について

お知らせ

事務所案内

お問い合わせ

季節のたより・・・水無月・令和元年6月





ホームページをお訪ねいただき、ありがとうございます

〇いよいよ梅雨入りしました。
 爽やかな5月が終わって、早や数日が過ぎてしまいました。夏日が何日もあった5月でしたが、全般に“爽やか”でとても過ごしやすい気候でした。
 令和への改元後、1か月が過ぎました。生前の御譲位であったため、平成の時代の振り返りと新天皇・皇后さまへの祝意を示す、大型のゴールデンウィークが終わり、いよいよ「令和」がスタートしました。
 世界的な貿易戦争の中、トランプ米大統領ご夫妻が「令和初の国賓」として来日され、多くの課題がありながらも、日米融和がクローズアップされました。私たち国民のこれからが明るい、豊かな生活に繋がるような政治と経済運営を期待しています。

 6月に入り、梅雨前線が日本列島南岸に横たわり、いよいよ梅雨に入りました。これまでの爽やかさと一転、じとじとと湿った空気に覆われてきました。毎年のことながら、大雨や集中豪雨で災害が起きないよう、願うばかりです。
 わが家の庭では、例年になくアンズがたくさん実を付けました。このところ、毎朝10個から20個拾い集めますが、さらに夕方までにもほぼ同じくらいのオレンジ色の実が庭に落ちてきます。アンズの実をそのまま食べることはありませんが、家内の手を煩わせて、ジャムにしてもらい、これからしばらく食卓に上ることになります。
“季節の恵み”はありがたいものです。
 このあとは、枇杷が今年は少ないですが、食べ頃を迎えようとしています。昨年のこの時期、枇杷のことを書きました。枇杷は中国南西部の原産で、古代にわが国に伝わったそうですが、その形状から「琵琶」と呼ばれる楽器と同じく、古くからわが国の生活と文化の中に定着してきました。
枇杷は「梅雨のころに実がなる」ため、「仲夏(ちゅうか)」の季語だとのこと。「仲夏」とは、耳慣れない言葉になっていますが、二十四節気の「芒種(ぼうしゅ)」(6月6日ごろ)から「夏至」を挟んで「小暑」(7月7日ごろ)までを言うそうです。「芒種」とは、「芒」(「のぎ」と読むそうです)というコメやムギなどのイネ科の植物の穂を構成する一片の、とげ状の突起のことで、「芒」を持つ植物の「種」を播く時期から生まれた言葉とのことです。農耕を中心とした、私たちの先祖を思い起こさせる「季節のことば」なのだと思います。

(令和元年6月8日更新)

〇当事務所のお休みについて


当事務所は、本年6月に次のとおりお休みをいただきますので、何卒よろしくお願い申し上げます。 
  
6月12日(水)    
6月24日(月)


(以上 令和元年6月8日更新)
    

 

大田区と行政書士会大田支部「共催」の無料相談会実施報告





大田区と東京都行政書士会大田支部は、毎月第4木曜日に区民を対象とした無料相談会を実施していますが、令和に改元した第1回目、5月23日(木)に開催されました。今回は、当事務所代表・大森が、支部きっての若手・女性行政書士と二人で、相談員となって実施しました。
 開始の時間には、すでに相談者がお待ちで、その後も何人もの方が順番待ちをされるほど、多くの相談がありました。相談内容は、きわめて多彩で、国際都市・大田区らしく在留資格の変更を含む国際関係のご相談、相続に関するご相談、今の世相を反映するネットでの物品売買についてのトラブルなどのご相談がありました。
 相談所の開設時間は3時間ですが、目一杯相談時間に当てられ、記録を残す時間がはみ出してしまいました。区民・市民の皆さんに頼られる、大変有意義な相談会だと思いました。
相談員として、多方面のご相談内容に、的確に答えられる知識を身につけなければならないことを改めて感じました。

(令和元年6月8日更新)

大田区と行政書士会大田支部「共催」の無料相談会実施のご案内



大田区と東京都行政書士会大田支部が毎月第4木曜日に、区民を対象とした無料相談会を実施していますが、次回は、6月27日(木)に開催されます。

ぜひ多くの方に毎月開催されていることを知っていただき、ご相談にお出かけいただきたいと思います。少しでも皆様のお役に立てればと、思って行政書士会大田支部が取り組んでいますので、どうぞご遠慮なく、必要でしたら関係書類をお持ちになってお出かけください。

 
       

日  時令和元年6月27日(木)午後1時〜午後4時
区民無料相談会テーマ:行政・法律など何でも
場  所大田区役所 1階ロビー ※東京都大田区蒲田5−13−14
※蒲田駅東口 徒歩1分



(以上 平成31年6月8日更新) 


* ページの上に戻る *

ASNOとびら主催「相続、遺言書、相続税・贈与税、社会保険、成年後見その他の無料相談会」実施報告






平成30年5月27日(日)地域密着で活動する行政書士有志の会・ASNOとびらと提携する税理士・社会保険労務士による「相続、遺言書、相続税・贈与税、社会保険、成年後見その他の無料相談会」を以下のとおり実施しました。たくさんのお申込みに加え、飛込みでのご相談があり、多くの方々が相続などによる資産の承継で悩み・問題をお持ちであることを知ることができました。少しでも私ども行政書士が少しでもお役に立てればと、思いました。

 

       
日  時平成30年5月27日(日)午前10時〜午後4時
無料相談会テーマ:相続、遺言書、相続税・贈与税、社会保険、成年後見その他
場  所大田区民プラザ ※東京都大田区下丸子3−1−3
※東急多摩川線「下丸子駅」下車 徒歩1分
相談会(無料)行政書士と税理士、社会保険労務士がご相談に対応しました。


(以上 平成30年6月1日更新) 

* ページの上に戻る *


「老後の準備は今のうちに」ミニセミナーの実施報告


〇無料セミナー「老後の準備は今のうちに―任意後見制度と遺言・相続について」を開催

この度、同じく行政書士をしている旧友と地域を超えて「老後の準備は今のうちに」というテーマのミニセミナーを吉祥寺駅近くの「武蔵野商工会館」で開催しました。三鷹・武蔵野を中心に活動されている中原先生にお声掛けいただき開催の運びとなったもので、第1部は、鎌倉を中心に活動されている蔵屋敷先生が「任意後見制度」を、第2部で私が「遺言・相続」についてお話ししました。
当日は、開始時刻ころはやや雨脚の強い天気だったにもかかわらず、多くの方に来ていただくことができ、熱心にお聴きいただきました。会場は、やや小さめの会議室で、ㇿの字形のテーブル配置で講師を三方から囲む形にしたのですが、これが講師と聴き手の一体感をもたらしてくれたようで、講話とそのあとの質疑を和気あいあいとした雰囲気ですることができました。





日  時平成29年8月16日(水)午後1時30分〜午後3時30分
無料セミナーテーマ:老後の準備は今のうちに
◯任意後見制度について 講師 鎌倉成年後見支援センター理事 
北鎌倉行政書士事務所 蔵屋敷勝先生
(概要)・渥美清の「終活」を参考例に老年期を自分らしく生きる
・医療の進歩等から病院で最期を迎えることが多くなった
・自分らしい生き方を全うするために任意後見の活用を!
◯遺言・相続について 講師 行政書士おおもりげんき法務事務所 大森 元紀
(概要)・遺言書はなぜ書くの?そんな人は遺言書が必要です
・遺言書作成で注意すべき点 特に遺留分について
・遺言書を書いてこれからの人生を楽しもう!
◯開催責任者 行政書士中原法務事務所 中原章雄先生


(平成29年8月31日更新)


* ページの上に戻る *